【WING FOIL】ウインドサーフィンのようなカイトのような・・・

HydroFoil(ハイドロフォイル)を使用した、 
日本トップレベルのインストラクターが行う WING FOILスクール
2019年にデビューして間もないWING+FOIL 手軽に遊べ、準備や持ち運びが便利で爆発的に広まり始めています!

手にした瞬間誰もが笑顔になるこのウイングは是非体験していただきたいスポーツです。

 



※ご予約が入りづらい状況となっております※

非会員様は次回分までのご予約受付のみとさせていただきます。
当店にて道具ご購入予定で会員様になられるご予定の方に限り、ご予約を優先させていただき、次々回分までのご予約を受付させていただきます。

 

* STEP1* トーイングFOILスクール

初回限定トーイングFOILスクール ¥16.500(税込)
【スクール料/FOIL一式/ジェットスキーガソリン代/ヘルメット+インカム代/施設利用料(シャワー・ロッカー)込】
※ウェットスーツ・ライフジャケットは初回に限り無料
時間 10:00~  約100分
※コンディションにより多少時間が前後する場合がございます。
※2回目以降は道具購入・会員コースへご入会の方のみスクール受講可能です。
先ずは詳しい知識と乗り方取り扱いを覚えることで安全に浮いくこと(フォイリングコントロール)を練習します。
※低速でも安定飛行できる最新のFOILとボードを使用しジェットスキーで牽引します。
◎時速5km~フォイリングし始めますので 安心して始めることができます。
ハイドロフォイル(水中翼)を使えば空中飛行が可能となり、魔法のじゅうたんのように空中に浮いたままで空中滑走することが出来、まるで鳥になったような感覚を味わえる乗り物です。

*STEP2* WINGスクール

WINGの操作を覚えるステップです。
ウィンドサーフィン用のダガーのついているボードを使い、風上に上る練習、方向転換などをレッスンします。
初回限定WINGスクール ¥7.000(税込)
【スクール料/WING一式/施設利用料(シャワー・ロッカー)込】
※ウェットスーツ・ライフジャケットは初回に限り無料
時間 10:00~  約120分
※コンディションにより多少時間が前後する場合がございます。
※2回目以降は道具購入・会員コースへご入会の方のみスクール受講可能です。
先ずは陸上でWINGの操作から。風の受け方、方向転換などを練習します。
WINGの操作をマスターしたら、さあ海へ!

 


*STEP3* WING FOIL スクール

いよいよWINGとFOILボードを使ったスクール!
STEP1・2で練習したことを生かして風の力でボードを浮かせましょう★
初回限定WING FOIL ¥11.000(税込)
【スクール料/WINGFOIL一式/施設利用料(シャワー・ロッカー)込】
※ウェットスーツ・ライフジャケットは初回に限り無料
こちらのコースはFiNeにてSTEP1・STEP2のスクールを卒業された方のみのコースとなります。
経験者の方は道具持込(ビジター様)コースをお申込みください。
時間 10:00~  約120分
※コンディションにより多少時間が前後する場合がございます。
※2回目以降は道具購入・会員コースへご入会の方のみスクール受講可能です。

【経験者WING FOIL スクール】 道具全て持ち込み(ビジター様)
120分  ¥7.000  (税込)
※会員様になられる方優先とさせていただきます。ご入会予定のない方は1回限りとさせていただきます。
※施設利用料は別途かかります。

インストラクターの動画です。 是非チェックしてみてください!!
    
WING FOIL(ウイングフォイル)で風を使いフォイリングコントロールの練習をします。
※道具はFOIL 専用のボードを使用します 2019.9.13 より
これによってかなり楽に乗れるようになります、始めての方でも安心してお越しください。
・KALAMA PERFORMANCE  FOIL BOARD 7’0”x31”x4 7/8”  154.5 liters
※始めは低速でも安定して受けるフォイルを使用します。

波にパドルインする前に先ずは、FOILING フォイリングをマスターしましょう。

スクールはジェットスキーでTOW-IN (牽引)して行います。

ハイドロフォイルを使用した次世代のサーフィン、サップ、ウインドサーフィンが近年大注目されています。

 

ハイドロフォイルボードが浮いて進む原理 ( SUP Foil &SURF Foil) サーフフォイル・サップフォイル

ボードの下に取り付けられたマストと呼ばれるフィンにフューサレージ(飛行機の胴体部分)という軸に翼が前後についているため、海中を進むことで前の翼で揚力を生み、まるで飛行するかのようにボードが浮いてきます。そして、ボード浮き始めたら直接海面に触れることがないため海面の接水抵抗を受けず、かなりのスピードを生み出すことが可能となり。波のブレイクする力でなく、うねりのパワーをそのまま受けスピードに転化するという新感覚な乗り物です。

インストラクターが実際に乗っている映像です! 乗った感覚が味わえるかもです。
フューサレージ:翼と翼をつなぐ胴体になるもの長いほど安定した飛行ができます。

 

マスト:フューサレージとボードをつなぎ、マストの長さにより空中での高さを調整するもの、長さによって浮くの高さを変えられるます。

※ボードも色々なタイプの物があります。

 

トレーニングをしっかり積めば、波乗りもスムーズに行えます!

 

2019年にリリースされた WING これもFOILに乗れれば簡単に遊ぶことができます!

FOILをスクールを始める前に、波と風どちらをメインに楽しむ方向へ行きたいですか?
:SURF FOIL(PRONE BOARD FOILプロ―ンフォイル) サーフボードにFOILを付けて波に乗ります。
風&波:SUP FOIL FOIL専用SUPボードにFOILを付けSUPのように波に乗ったり、今話題沸騰のWING FOIL(ウイングフォイル)が出来ます。
どちらを楽しみたいか決まったら次はスクールへ!

 

 

WINGにはハンドルタイプとブームタイプの2種類があります!!

どちらがいいのかは使い方と好みになります。

手軽で取り扱いも簡単なのが人気の秘密・・・・自由の翼を手に入れましょう!!

 

乗ってる感じはこんな感じです!

ワクワクドキドキが止まらないWINGFOIL

F-One / OZONE / DUOTONE / CABRINA / NAISH / GA / AIRUSH/etc…

各社それぞれの形でリリースしてきてます。

「OZON WING」の画像検索結果「DUOTONE WING」の画像検索結果「NAISH WING」の画像検索結果「Cabrina wing」の画像検索結果「GA wing FOIL」の画像検索結果

FOIL/SUP FOIL/WING/WINGFOIL 各種メーカー販売してます。

通販も可能です!

FiNeのスクールに来られた方は会員価格で販売いたします。

その他、中古FOIL・FOILBOARDもたまに出ますので、ご相談下さい。

 

詳しく、知りたい方、ご相談、ご購入の際はご連絡ください。

ゼロから始めるウイングフォイルってことでどう始めるか解説します。

今回はウイングフォイルまでの話ですので、WING+SUPやSUP+FOILの話はちょっとだけです。

 

ウイングで風をつかみ、ウイング操作で風のパワーを推進力に変えボードスピードが出ることによってフォイルに揚力が生まれ浮いた状態で乗ることができるスペシャル楽しい乗り物が・・・・これがウイングフォイルです。

 

ウイングフォイルはどうやってスタートしたらいいのか・・・。

風があればウイングから

風がなければFOILから

どちらでもOKですが、いきなり上下セットは天才でも無理だと思います。

(※ウインドサーフィンフォイル・カイトフォイルをやられている方は準備OK状態です)

ウイング操作とFOILで浮くトレーニングをしてからの方がかなりの近道となります。

 

ウイングトレーニングの話から

先ず陸上で操作の練習をします。

ウイングの使い方から風上風下への操作、方向転換の練習をしばらくしたら海へ

ボードは安定感のあるものを通常は使います。

 

ボードに乗ってスタートする際は基本のウイングの持ち方があり、それがとんでもなく大事です。

ここはスクールで・・・・。

ウイングを練習中の方で風下に流される方、ボードがゆうことを聞いてくれない方はここが

出来てないからスタート時に安定しない、風上にいけない、進みたい方向にコントロール出来ないってなります!

海に出た時は、インカムを付けてスクールを行うので安心です。

ボードコントロールは後ろ足でがポイントですが

風を受け進み始めスピードを出すためには前足荷重がポイントです。

ボードに乗ってから良くなる↑この状態・・・・どうしてもウイングが近くなっちゃう現象えーん

ここでウイング操作の大事なポイントは後ろの手の使い方でウイングの位置を常に同じ位置に置くことができます

揚力を最大限に生かすためのウイングの位置がポイントです。

 

ここで・・・・ワンポイントです上差し

 

グリップをどう握ってるか・・

グリップの前・真ん中・後・・・

前から何番目、後ろから何番目を持つのか

そこもとても重要なところになります。

ここでも意識してほしいのは手の動きを止めないこと・・・

リフトさせる時のコツも2パターンあります。

 

1:ウイングでスピードを付けてポンピングでリフトさせる

(風が弱い時)

2:ウイングに寄りかかったままでリフトさせる

(風が十分な時)

1と2では加重の掛け方、足の置き場をかえます、その方がより簡単にできます。

ストラップはセンターについてるけど・・・

風弱い時や2の状態の時はセンターに乗らなくてOKです

↑のような足の置き場に置くと風上をキープしやすくなります。

風弱い中で飛ぶときもここ。 でもボードによって絶妙なポイントがあります。

浮いたままの方向転換・・・風下回りのジャイブや風上回りのタックはまた次回に・・・

よく質問があるジャイブですがエントリーの前に必ずしないと永遠にできないですガーン

ここはスクールで上差し

ウイングをいつ持ちかえるのか

風を入れるタイミングがスイッチスタンスで走るにはとても重要です。

ウイングを持ち帰る手の使い方で解決しますよ。

それがわかればスイッチスタンスで走るは意外と簡単

風の入れ方を変えるだけでスイッチスタンスで走り出すことも簡単になります。

ぴょんぴょんの練習

これはGO FOIL GL180 っていうフロントウイングとバックウイングはぺダスタル+N18ってのを使ってます。

ほとんど風無いです・・・・こんな時はリーディングのグリップを持つのではなくストラトの所を持つとちょっと風も使えて便利です。

風の強い時・弱い時とポンピングの時はウイングのグリップの持ち位置を変えるとかなりやりやすくなります。

 

ウイングフォイルのスクールはWINGとFOILのスクールを別々に行い両方ともある程度
できるようになってからWING FOILのセットで乗っていただきます。

FOILスクールはジェットスキーで牽引しフォイリング(浮いたままで乗り続ける)練
習を1~3回くらい行います。とりあえず1回はやっておいた方がウイングフォイルの
時かなり楽になります。

WINGはウインドサーフィンをやられてる方でしたら1回2回ウィングとボードで海に出
て練習していただければで大丈夫だと思います。

ウインドサーフィンやSUPなどの経験がある方ですとWINGのコントロールとある程度
フォイリングできるようになればWING FOILで飛べるようになります。

STEP 1:FOIL体験スクール ¥16500
STEP 2:ウイングスクール  ¥7.000
STEP 3 :  WING FOILスクール ¥11.000
最短で一回づつですと料金はこの合計となり、足りないと思われる場合はプラスして
いただければと思います。
道具持込でのスクールも大歓迎ですよ ¥7.000
興味がわいたら是非、チャレンジしてみてください。
FOILスクール、ウィングスクールはどちらが先でも大丈夫です。

 

【WINDSURFING FOIL スクール&レンタル】内容紹介

※トーイングはしません。

ウインドサーフィンフォイルのスクールになります。

・初回のみスクール料+FOILレンタル     2時間 ¥9.000 (税込)

・2回目以降はFOILレンタルのみ      2時間 ¥4.500 (税込)

※スクール基本料にはBBTを使用料が含まれています。
ウインドサーフィン FOILで一番乗りやすいフォイルをチョイスしています。
DEEPBOX,POWERBOXに対応しています。

WINDSURFING Foilが浮いて進む原理 ウインドサーフィンフォイル

ウインドサーフィンフォイルも原理は同じですが、波が無くても風の力を利用するため波を使ってフォイリングする以上に簡単に浮いて長時間楽に進むことが可能です。

WINDSURFING FOILはプレーニングのできる方であればどなたでも挑戦することができます!

WINDSURFING FOILは通常プレーニングしない風域のコンディションでも空中を飛行することが出来ます。

今までのウインドサーフィンの楽しさをさらに膨らませてくれます。 プレーニングできる方であれば一度は乗ってみていただきたい乗り物です、だってプレーニングの技術さえあれば鳥になったような感覚を得られます。

BBT

安全のためにヘルメット・インパクトベスト・を着用していただきます。

スクールはBluetoothを使用したBbTALKN’を使用しております。

みなさんカイ・レニーのようなライディングを目指して先ずはトレーニングをしましょう。

カイ・レニーの動画はこちら。

ある程度できるようになり、波に乗ろうという方は波乗りに特化したショップさんをご紹介いたします。

    

 

【コロナウィルス感染防止対策について】

受付の際など店内への入店は人数制限を設けさせていただいており2名様までとなります。
その際必ずマスク着用をお・手指消毒をお願いいたします。

ロッカーなど施設をご利用いただく際は備え付けのアルコール除菌をご利用ください。

現在、ウッドデッキの休憩スペースを縮小させていただいております。
ソーシャルディスタンスを保ち、長い時間のご利用はお控えください。